自宅で簡単に小顔マッサージ

効果抜群!小顔矯正の魅力

自宅で簡単に小顔マッサージ

自宅で簡単に小顔マッサージ 自分の顔を小さく見せたいという時に一つのキーワードに出会います。それは小顔矯正というもので主に3つの手段と方法があります。最も大掛かりなのが整形で頭蓋骨を削って物理的に小さくするというものですが、それを除くとするならばエステサロンのフェイシャルケア、あるいは自宅で美顔ローラー、美顔器などを使って行うのが一般的です。
その原理は至ってシンプルで主に頬のあたりが上向きになっておらず、加齢とともに徐々に垂れ下がってきてしまうため顔が大きく見えるようになってしまっているのを肌の奥にあるインナーマッスルを鍛えて土台を安定させた上で頬の筋肉をつける事で上向きにしていきます。そして上向きに安定すれば輪郭が小顔に見えるという原理です。小顔矯正は毎日10分くらい自宅で継続していく事で表情筋を鍛え、その結果実現する事ができますのでわりと簡単に行う事ができます。美顔器などの器具がない場合は、手のひらを使って下から上になぞるように行えば代用できます。

なぜ小顔矯正で小顔になるのか

なぜ小顔矯正で小顔になるのか なぜ小顔矯正で小顔になる効果があるのか疑問に思うことがあります。顔の大きさは骨格が影響していると思いますが、ひとつの考え方として小顔矯正が有効なのは縫合線の隙間が関係していることがあります。顔や頭の骨は板のような小さな骨が組み合わさっており、縫合線は骨と骨の接合部のことで、縫合線の隙間は年齢を重ねると大きくなり、顔が大きくなったり歪みなどの要因になると考えることができます。小顔を矯正することで顔の外から刺激を与えて縫合線の隙間を減らし小顔効果が得られるということです。この縫合線には隙間はないという説もあり相反する説があることは事実です。
小顔にする場合は、矯正以外にもマッサージをする方法もあります。顔をマッサージすることでリンパの流れを良くして浮腫みをとることができ、浮腫みがとれと顔は小さくなります。人の体の約60%は水分なので、小顔マッサージをすることで余分な水分を除去し、一時的であっても顔を小さくすることは可能です。